HSP・パニック障害でも自由に笑って生きよう

日々感じることをここに全て

不安を煽ってくる社会と戦うには

こんばんは。くらげのもりです。

 

最近、

老後資金はこのくらいないと生きていけないとか

年金のみが収入源の人のニュースとか

大手に勤めていてもいつどうなるかわからないとか

起業したりフリーランスとしての働き方がSNSで紹介されていたりとかで

 

 

「今の収入ではやっていけないのかな?」

「老後に切り詰めた生活を強いられるのかな?」

「今のうちに起業とかしとかないと乗り遅れるのかな?」

「そもそも今無職の私はやばいよな・・・」

 

みたいな不安が頭の中でずっとうごめいて

自律神経が乱れまくっています。

 

将来のことを考えて今のうちにできることをやるのは

素晴らしいことだけど、

不安に飲まれてはいけないなと本当に思います。

 

そんな時に母に言われたことがあります。

「確かに不安はあるけど、考えても仕方のない部分は割り切って

少しでも今を幸せに生きるしかないよね」

 

やはり人生経験の多い母は違うなと思いました。

 

現実から目を背けるわけではなく

割り切る。

 

今焦っても老後資金が急に降ってくるわけではない。

一生安泰な状態になるわけでもない。

この先何がどうなるかなんぞ誰にもわからない。

そういう話をすると、

いつも嫌な状態になることを想像するけど、

逆だって全然あり得る。

予想もつかないところで天職に巡り合い

案外お金も何とかなるかもしれない。

 

どうなるかなんてわからない。

 

だからこそ、できることをやっていけたらそれで十分。

 

今考えてもどうにもならないことを

考えるのは10分までにしよう。

 

そう心に決めた日でした。

 

無理するな!

こんばんは。くらげのもりです。

 

今日は低気圧でしんどかったです。

絶賛就職活動中でまいりそうになる毎日ですが

毎日生きています。

 

今日は大切にしていきたいことを残しておきます。

 

「とにかく自分を大切にする」

「周りからどう思われるかではなく自分の意思を尊重する」

「頑張れるときに頑張ればいい、無理できるときに無理したらいい、

しんどいときは必ず休む」

「自分の言葉で自分を傷つけない」

「しんどいときは必ず吐き出す、ため込まない」

「言霊を大切にする、ただし辛いときは辛いと言う」

 

 

自分の年齢の平均年収を調べて、平均より低いことに焦っていた私。

評価されない自分は価値がないと思っていた私。

しんどい辛いと職場で言うのは弱い人間がすることだから

してはいけないと思っていた私。

給与もしっかりあって、成果も出して、パートナーもいて、一人暮らしして自立して、

綺麗にメイクして、優しくて、完璧であることが大切だと思っていた私。

幸せは頑張って頑張って頑張って辛くても努力し続けた先にあるものだと

考えていた私。

 

今の私は昔の私が「理想」としていた状態からほど遠い。

ほど遠くなって気づいた。

すべて手放してしまおう。

まだすべて手放せていないけれど、いつか

 

「こうあるべき」とか「この年齢ならこの程度の年収とポジションと・・」とか

全部手放してしまおう。

 

だって健康で幸せであることが一番だから。

 

とにかく身を粉にして、努力して、耐えて、その先の成功を手にせよ!みたいな

考え方はもういい。

エージェントにも言われた。

「未来のために、大変なことに耐えることも必要です」

と、希望と全然違う求人を提案された。

 

それって違うだろうがあああああああああ!!

まあその話は置いておいて、

 

今幸せじゃないと意味なくないか!

今健康じゃないとつらいじゃないか!

 

だから、今の幸せ、今の健康が保たれなくなるレベルの

頑張りは必要ないと思う。

 

そこまでやらなくていい。

 

やっぱり今幸せがいい。

今健康がいい。

 

だって生きているのは「今」だから!!!!!!!!!!

 

今日もエージェントに余計なことを言われましたとさ。

きいいいいいいいいいい!!

おたく早く就職して紹介料が欲しいかもしれないけれど

こちとら職選びは大切なんでね!!そこんとこよろしく頼むわ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの発作

こんばんは。くらげのもりです。

 

昨日の夜、久しぶりに「パニック発作」が出ました・・・

 

きっかけは

睡眠導入剤を使わずに寝ようとしたことです。

昨日は夜に温泉に行って

久しぶりに自然な睡魔がきたので

このまま寝れるのでは!と思い

睡眠導入剤を飲まずに布団に入りました。

 

結果1時間たっても寝られず・・・

そしたらどんどん不安になってきて

心臓の音が早まるのが聞こえてきました。

 

「そうだ、呼吸法だ!」

 

と思ってやってみても全然ダメ。

 

結局母を起こして、なだめてもらい

睡眠導入剤と発作用の頓服を飲んで

気づいたら寝ていました。

 

発作で頓服を飲むのはほんとに久しぶり。

それに寝ているときに起きるのは初めて。

 

「私、働けるのかな・・・」

 

と思ってしまった。

 

パニック発作」は横になろうが一人になろうが

トイレに行こうが、何をしようが

ドキドキは治まらない。

薬を飲むか呼吸法で対処していくのに慣れていく

この方法が一番の得策。

でもそれがダメだったら?

次の職場が決まって、いざ働きだしたときに出たらどうする?

 

悲しかった。

 

転職活動を始めて

前を向いて、

発作も出てないし、いろんなところに行けるようになったし

問題ないと思ってたのに

予測してないところで発作が起きて

悲しかった。時が戻った気がした。

 

そもそも眠れなくなったのは前の会社のせいだ。

前の会社を一瞬恨んだ。

 

でもその時に、心療内科の先生の言葉を思い出した。

パニック発作は誰でも起きるもの。10年くらい問題なくても疲れてたりすると、出たりすることは全然あるし、精神力が必要なアスリートの人でもなる人がいる。」

 

「また発作が出たら頓服を飲めばいいし、不安だなと思うときは抗不安薬を飲んでいけばいい。」

 

「そうやって病気とうまく付き合っていけばいいんだよ。」

 

そうだ、私は転職活動で疲れているんだ!だから出たんだね発作が。

いきなり5つも面接が決まって、書類の作成から

面接対策など急に立て込み始めた。

そのせいで疲れがたまっていたんだ。

 

誰だって、疲れたら

おなかが痛くなったり、頭が痛くなったり、口内炎が出たり、

風邪を引いたりするでしょう。

 

パニック発作」も同じ。

 

絶望しなくていい。

 

それにちょっと睡眠導入剤も頓服も飲むのを我慢したからってのもある。

「飲むのを忘れてたわ~」くらいのほうが断薬できる。

 

だからそれまでは無理せず導入剤も、発作が出たら頓服もすぐに飲もう。

 

でもこんなの何にもなくて

健康マン!が良かったわあああああああああ!

 

でも仕方ない。

力を抜いて転職活動しよう。

 

 

 

 

 

早く抜け出したいけど焦ってはいけない

おはようございます。くらげのもりです。

 

私は今、日中一人で過ごしているんですが

漠然とした不安と毎日戦っています。

超現実主義者で

頭で納得しないと動きにくい。

こうあるべきという考えも強い。

危機管理能力が高すぎて

良くないケースばかりを考え

それに対する対策が明確に浮かばなければ

踏み出せない。

 

仕事選びも

「また休職するはめになったらどうしよう」と

怖くなってしまい

どういう仕事が自分に合うのかわからず

ただただ焦りだけが募る。

 

でも昨日心療内科の先生に言われたんです。

「私今の状態で働けますか。」と聞いたら、

「もちろん働ける!自分に合うところが見つかったら

気持ちが落ち着いて今よりもっと楽になる可能性もあるし、

なによりダメだったらまたその時に考えたらいいんだよ。」と。

 

また考える精神力が残るのかはわからないけど

そういわれて

少し楽になった。

 

最近SNSでも

将来像を逆算して、「じゃあ今何を経験として積むべきか」を考えるとか、

エージェントにも、「将来キャリアアップするために今はこの仕事で頑張るという

考え方をしたほうがいい」と言われたり、

「未来」に目を向けるのがとても大切

という考え方が広がっているのかなという印象です。

 

確かにそういう考え方は大切だけど

私は「未来」を想像しすぎると

動けなくなることがここ数日で分かった。

 

先生が言ってくれたように

「そうなったときに考えたらいい」。

 

それにやっぱり、

「今を幸せに生きたい。」

 

我慢しすぎるから

耐えすぎるから

「今幸せになるには?」と

常に問いかけるようにしたい。

 

正直毎日しんどい。

話を聞いてくれる家族も、友人も

ありがたいことにいる。

 

でも、結局今の状況を変えるのは

自分で、行動するのも自分。

 

一人で考える時間も多く、

体から力が抜けそうになる中、

自分のために動いている。

 

でも本当にしんどい。

こんなこと望んでなかった。

こんな思いするなんて想像していなかった。

 

時々無性に思う。

私は今まで人に対して誠実に生きてきたつもりだし

仕事もまじめにやってきた。

 

「何か悪いことしましたか、神様?」

 

悔しい。

 

でも

自分のことを大切にはできていなかったかもしれない。

 

自分を大切にしなさいということかな。

 

起きてしまったことに目を向けても

時は全く進まないから

向けない。でも向けたくなる時もある。

そういう時は立ち止まって目を向けて、悲しんで泣いて、

そしてまた前を向けたらいい。

 

着実に前に進んでいるよね。

 

今日は少し気持ちが落ちそうだ。

それでもいい。

 

 

理解しようとしてくれる人だけに

こんばんは。くらげのもりです。

 

最近転職活動を始めて

なかなか条件にガチっとはまる求人はなく

苦戦する日々です。

このままどこにも就職できないなんてことに・・とか

就職できてもまた前みたいになったら・・とか

毎日不安を抱えています。

 

外に出ないとほんとに落ち込みますね。

頭ではわかっていても

色々考えすぎちゃう日は外に出る気力さえ奪われて

外に出れないこともある。

でも無理にでも出たほうがいいなと今日特に思いました。

 

今日は「理解しようとしてくれる人だけに」という話をします。

 

前回の投稿で

エージェントに「パニック障害で休職した過去」を

伝えた瞬間、仕事の紹介を一切してもらえなくなった話を

したと思います。

 

その出来事から

「理解しようとしてくれる人だけに話す」ことって

大切だなと考えるようになりました。

 

残念ながら

偏見が多い社会です。

誰だって風邪を引くのに

精神疾患は風邪とはみなされません。

誰かが『「パニック障害」という名前が悪い』と言ってました。

ほんとに共感。

『頑張りすぎちゃった人がちょっと疲れちゃったでしょう』

くらいの名前なら理解してくれる人も増えるかな・・

 

私は

どんな人にも誠実に向き合うことが

自分のためになると信じて生きてきました。

全力でぶつかりに行くみたいな・・

 

だから、

エージェントにも赤裸々に話した。

 

でも結果とてつもなく傷ついた。

 

そんな時に思ったんです。

理解しようとしてくれない人に言いにくい自分の話を

無理に話す必要はない。

向き合う必要はない。

そんな奴とはさっさとお別れすればいい。

 

ちょっと疲れちゃっただけ。

発作も全然起きてない。電車も乗れる。

前みたいに長時間外出することもできるようになった。

高速も乗れる。

 

だた前の仕事がしんどくて

体が「もういいよ休みなさい」って言っただけ。

 

それなのに

「ああ精神疾患になったんだ。病んだんだ。」

みたいなのはおかしいと思う。

 

でもなったことない人は

わからないんだ。

 

でもなったことなくても

わかろうとしてくれる人はいる。

 

そういう人にだけ

伝えたいときに伝えたいことを伝えたらいい。

 

わかろうともせず、

自分の偏った考え方だけで物事をはかるような人に

全身全力でぶつかりに行く必要はない。

 

私は

わかろうとする人になりたい。

 

今日もほんとによく頑張りました。

生き抜きました◎

 

 

転職エージェントは苦手

こんばんは。くらげのもりです。

 

今日は「転職エージェント」について

書きたいと思います。

 

私は以前の転職で

「転職エージェント」を利用しました。

 

エージェントは未公開求人を持っていること

自分一人では行き届かないところまでやってくれること

などメリットも多いです。

ただ人によっては営業要素が強くヒアリングなしで紹介されることも

あるのでデメリットもあります。

前回も自分に合うエージェントさんに出会うまで苦労しました。

 

今回の転職では

使うのをいったん辞めようと思います。

 

そのきっかけは

再度別のエージェントに登録したことです。

 

ちょっと気持ちが前向きになったときに

情報収集もかねて、一度面談してもらおうと思い、

SMSで連絡を取りました。

 

その面談が昨日あったんです。

 

結果は「最悪」でした。

 

まず退職理由を正直に言ったことが間違いでした。

パニック障害になり退職した」と伝えると、

「今何か薬飲んでいますか?」と言われました。

そこはプライバシーの領域だし、

せめて枕詞を使えと思いました。

「言える範囲でかまわないのですが~」とか

「差し支えなければ~」とか。

 

ちょっと嫌だったので

睡眠薬です。」とだけ伝えました。

そしたら「安定剤とかは飲んでないんですか?」と。

 

診察じゃないのになぜそこまで深堀されるのか

また、枕詞がないから

すごく刺さる。

 

「安定しているので1か月は飲んでいません。」と

正直にお伝えしました。

 

そうして薬のヒアリングが終わった後、

「何か現時点で希望条件はありますか?」

と言われたので

「体調のこともあるので、年間休日はこのくらいほしいかなと思っています。ただ、求人を見る限り私の希望する業界は年間休日が少ない印象です。厳しいですか?」

と伝えました。

 

そしたら

「あなたの希望する休日数はここ数年見てない。業界から一度考え直されたほうがいいと思います。」

と言われ電話を終わりたそうな雰囲気を出されました。

 

結果面談は10分で終わりました。

 

私は以前人材系も扱って仕事をしていたのでわかります。

精神疾患を持っているだけで

その人の症状が小さくても、人柄がどうでも

いったん仕事は紹介しない。

 

「ああ、私は今それで切られたのだ」

と思いました。

 

せめてもう少しすり合わせしたかったな。

別に年間休日はまだあくまで今の段階の条件でしかないのに

それ以上のことは聞いてくれず・・・

 

こういう時うまく言い返したいといつも思うのに

頭が停止して何も言えなくなるんですよね。

「年間休日はあくまでぼんやりとした希望です。」

「薬をそこまで詳細に聞かれる目的は何ですか?」

「年間休日が少ない業界であることは知っています。ただ未公開求人もお持ちなので情報収集もかねてお伺いしたんです。」

とか、言い返せばよかった。

 

精神疾患で過去に診断されている」

だけで、正直にそのことを言うと面接に通る確率は10%程度に落ちるみたいですね。

 

今まで

まじめに、必死に、会社の役に立つために頑張ってきただけなのに

風邪みたいなものなのに、

そんなの世知辛い。

日本大っ嫌い!!!って思いました。

 

でも、後ろ向いてても何も始まらない。

あのエージェントは「あなたの希望する年間休日はない」と言い切ったけど

後で自分で調べたらあった。

デリカシーのない人の言葉をすべて真に受ける必要はない。

 

パニック障害を患ったことを言ったら

不利になるとわかっているけど、

復職がゴールじゃない。

元気に働くことがゴールだから。

長い戦いになるかもしれないけど

ちゃんと伝えたうえで採用されたい。

 

いったんこの方針は変えずに

できるところまでやってみようと思います。

 

いったんエージェントとはさよならです。

 

 

 

 

安定と不安

こんばんは。くらげのもりです。

 

最近、心が安定しています。

 

「自分自身を傷つける言葉を自分で言わないように意識している」

これがすごくおっきいと思います。

あとは、「言霊を信じる」ことです。

 

昔からネガティブで

少しうまく行かないことがあると

被害者思考が膨らんで

とてつもなく落ちていました。

 

昔の恋人にも

「色々派生して考えすぎ、それやめて」

って言われました。

私だってやりたくてやってねえよ、って感じなんですけどね。

 

でも最近は

ネガティブな言葉を

わざわざ音にして

自分に聞かせてもいいことないのかもなと思い、

「まあいっか」「なんとかなる」とか

「まあ幸いにも〜」「自分天才」とか

意識的に使っていたら

意識せずとも言ってる時もあって

いい兆候なのかなと

思います。

 

そんな安定している心の中に

確実に不安があることも

同時に自覚しています。

 

ほんとになんとかなるのか、

社会復帰できるのか、

イキイキと生きられるのか、

また休職になったらどうしよう、

新しい職場の人間関係はどうだろう、

パニック発作がまた出るようになったら、

早く仕事見つけなきゃ、

そもそも仕事見つかるのかな、

このまま無職だったらどうしよう、

貯金が尽きたらどうしよう、

将来生きるのもやっとの収入だったらどうしよう、

 

言い出したらキリがありません。

 

でも考えても答えは出ません。

 

不安を抱えながら

生きていくしかない。

 

なんとかなると思わないと

力が湧かない。

なら、

なんとかなる、イキイキと生きられる日がまた来る!そう信じたい。

 

同志の人いますか?

今ある幸せに感謝しつつ

未来はもっと幸せになりましょうね。